∟れー夢式曼荼羅アート


曼荼羅アートの写真と一緒に説明しています。

講座の詳細はこちら(クリック)



最初は一つの形から、どんどん重ねていくことで美しい曼荼羅アートができます。

こちらは曼荼羅アートが出来上がるまでの動画です。



※れー夢の曼荼羅アートがはじめての方へ
step1からのご受講となります。お申込みはStep1~4までの一括お申込みのみとなります。
1講座ずつのご受講をご希望の場合は認定インストラクター(クリック)よりご受講をご検討下さい。

2017-07-01 15:36:09

曼荼羅アート発展(フラワー・オブ・ライフ)(step2)

 

 《曼荼羅アート発展(フラワー・オブ・ライフ)講座》

・所要時間 3時間

・参加費 8000円(先生により多少増減いたします)

・認定料 5000円

 

発展として神聖幾何学模様のフラワー・オブ・ライフを描きます。

フラワー・オブ・ライフは本来コンパスを使って描いていく図形です。

パステルアートの場合、コンパスの針が紙を傷つけてしまい色に影響が出てしまいます。

そのため、ツールを作成して、フラワー・オブ・ライフを描いていきます。

 

れー夢はパステルアートとしてのフラワー・オブ・ライフを描く講座を最初に確立しました。

その後、描き方の流出、類似講座などが出てきたため

このツールを作る図面(著作物)を守るという考えより、認定講座とさせていただいております。

 

【発展(フラワー・オブ・ライフ)のテキストでお伝えしている内容】

・フラワー・オブ・ライフの描き方
・色出しテクニック
  1、色を混ぜて濁らせない法則について
  2、同じ色でも下地を変えることで色が変わります。

 

実習として手に負担のかからない線の描き方を説明します。

この描き方をマスターしますと、細く均一的な線を描くことが可能となります。

 

********************************** 

3.jpg

 

生命の花とも呼ばれ様々な場所の古代遺跡からも発見されている模様です。

神聖幾何学模様とは宇宙のエネルギーと調和、同調しているとも言われています。

 

神聖幾何学は私たちの深いところでつながっている模様です。

 

 

フラワー・オブ・ライフは飾ることでその場のエネルギーを整えるそうです。

神聖幾何学やフラワー・オブ・ライフのことを知らなくても大丈夫。

 

大事なのは「描く」「見る」「感じる」ことです。

 

発展ではれー夢。が考案・製図したオリジナルツールを使ってこのフラワー・オブ・ライフ(神聖幾何学模様)を描いていきます

 

神聖幾何学模様フラワー・オブライフについてはこちらをご覧ください。

 

 

 

 

 

発展まで終わって認定を受けた場合、同じ内容で曼荼羅アート基礎・応用・発展の講座を開催することができます。

また、希望に応じて下記フォローアップを受けることができます。
 

その1 描き方のフォローアップメールマガジン(不定期配信) 

その2 アメブロの限定記事にて色のフォローアップ記事更新

      ・色のフォローアップ(アメンバー限定記事)⇒目次

その3 再受講無料制度・相模原での対面講座は何回でもOK

その4 講座開催の場合はテキストデータを差し上げています。

※ほかの先生から習って認定申請をしてくださって希望いただいた皆様へもフォローアップをしています。

 

 

お申込みはこちら

2017-07-01 18:05:58

天使の曼荼羅(step3)

 

《曼荼羅アートStep3天使の曼荼羅アート講座》

・所要時間 3時間

・参加費7000円

・参加資格 Step2まで修了していて認定を受けている方

 

【天使の曼荼羅でお伝えしていること】

・曼荼羅アートに入れる羽や天使の表現

 

 

曼荼羅アートを描いているうちに、何気なく描いた形が「天使」にみえました。

その天使に見える模様を描きたいと希望される方も多くいらっしゃいましたので天使に特化した曼荼羅アートをご用意しました。

 

曼荼羅アートは内観アートと言われていますが、天使や羽のモチーフを入れて描くとなんとなく違う感覚が生まれる時はあります。

天使を信じる信じない関係なく、このモチーフは優しい気持ちにさせてくれるものなのかもしれません。

 

天使の曼荼羅アートのテーマは【天使の優しさと愛】です。

 

 

2017-07-01 18:10:09

ローズウィンドウ風アート(step3)

 

《曼荼羅アートStep3ローズウィンドウ風アート講座》

・所要時間 3時間

・参加費7000円

・参加資格 Step2まで修了していて認定を受けている方

 

【ローズウィンドウ風アートでお伝えしていること】

・色を重ねて模様を増やしていく方法

 

このローズウィンドウ風アートはステップ3の曼荼羅ワークになります。

ローズウィンドウのような色の透けた感じを出したくて色々試行錯誤して、2012年の3月に完成したオリジナルワークです。

1枚の画用紙の上に、幾重にも色を重ねる。そして、下のいろとの重なりで生まれる色を楽しむ。曼荼羅アートとはまた違った楽しさのあるアートです。

 

2017-07-01 18:15:35

天上の曼荼羅(step4)

 

《曼荼羅アートStep4天上の曼荼羅アート講座》

・所要時間 4時間

・参加費 15000円(ペン代含む)

・認定料 5000円

・参加資格 Step3のいずれか一つ修了していている方

 

 

天上の曼荼羅アートはパステルだけではなく点描画をくわえることによりとても神々しい感じに仕上がります。

仕上がりだけではなく、描いていく過程で「無の世界」を体感できるかと思います。パステルとは違った曼荼羅アートをお楽しみいただけます。

 

 

【内容】

・点描画の基本的な表現方法

 
 
この絵の制作過程を図解入りで説明します。
 
 
 

・簡単なハガキ絵で点描の練習

上記の天使またはお好きな絵で練習をしていきます。
  
 
・本番・曼荼羅ワーク(1~2枚)

柄の細かさやスピードなど個人差の出るワークになります。描く枚数は各自のペースに合わせてと思っています。この絵の場合、柄の細かさ、スピードなど個人差がありますので最長6時間という感じで進めていきたいと思います。

 

Step4が終わりましたら「れー夢式曼荼羅アートファシリテーター」の認定証を発行しています。ファシリテーターとしてStep1~4までの曼荼羅アートの開催が可能となります。

また、あとでご紹介しているブラッシュアップなどの曼荼羅もご受講後同じ条件で開催できます。