ーーーーーーーー

2018/01/24 23:31

曼荼羅アート定期レッスンをされている(予定している)認定インストラクターの皆様へ

 

定期レッスンをされている先生へ

 

曼荼羅アートが広がる中、カルチャーやカフェなどで月1で開催というスタイルでされている方も増えてきました。

今までは、おそらく体験用にOKした描き方だけで続けられていたことと思います。

 

去年より考えていたのですが、このような定期レッスン形式で曼荼羅アートを習ってくださっている方が、色んな種類の曼荼羅アートを描けるように、カリキュラム化して単位制にしようかと思います。

 

基礎でお伝えする描き方(必須項目・選択項目)

応用でお伝えする描き方(必須項目・選択項目)

発展でお伝えする描き方(必須項目)

 

一覧表を作りますので、先生がチェックを入れて、次は応用のステップ、応用が終われば発展へ進み、希望に合わせて認定申請できるようにしようと思っています。

認定を申請された場合は次のステップやブラッシュアップの曼荼羅も習えるようにと考えています。

(認定希望の方は、別途座学の時間も作っていただくことになります)

 

 

このようなレッスン形態は、習い事のレッスンであるかと思います。

私が通っている水墨画やミニチュアクレイクラフトはこのようなレッスン形態です。

 

同じ教室でも、初めての方、ベテランの方もいて、その方のご希望に合わせてお伝えすることが可能になります。

このカリキュラムは強制ではありません一つの講座開催モデルとして参考になさってくださいね

 

参加した皆さんと同じものを描いて楽しみたい先生は今までのように開催してくださいね。

 

その中で認定を希望される方が複数いらっしゃるようでしたら同じ目標に向かって一緒に描いていくレッスンをされると、とても楽しく、素敵だと思います。

 

 

いろいろと曼荼羅アートのカリキュラムは考えていまして相模原にいらした方には原案を見ていただいています。

 

その中で出た案は

初めての方につきっきりになるとほかの方がおろそかになるので

基礎は定規・型紙・レジメをキットとして作って販売してほしいということでした。

 

実は定規についても一つ一つ使い方をお伝えするのも、このようなレッスンの場合大変だと思うので

単純に8等分用、16等分用(八芒星用の印入り)、12等分用(六芒星の印入り)、10等分(五芒星の印入り)

合計4枚の定規を作ろうと思っています(形は浮かんでいますので、今後は試作となります)

 

この定規は必ず使いなさいというものではありませんのでおおよその形が出来上がりましたら

限定記事でご紹介しますのでその時に、お好きな方を選んでください。

もちろん、曼荼羅アート基礎・応用・発展でこちらの定規を使用しても構いません。

 

また、フラワー・オブ・ライフの円定規もこちらでカットしたものをご用意できるように考えています。

 

また、いろんな曼荼羅アートの描き方をご紹介していきますので

一つ一つの曼荼羅についての簡単なレジメも作る予定でいます。

 

応用でお伝え可能な曼荼羅は今までの物のほかに

・アメンバー限定記事でお伝えしたもの、

・応用の短い時間で描くには難易度が高くて教えるのをやめたもの

こちらの曼荼羅も応用で選択項目に入れる予定です。

 

描いたことのない曼荼羅がある場合はそれを教えなくてもいいですし

レッスンに入れたい場合は、私かほかの描ける先生に習ってもらうことになります。

 

カリキュラムなど表にまとめましたらこちらでまたご報告いたします。

 

すでにこの形態で曼荼羅アートレッスンをされている方は個別にお問い合わせください。

取り急ぎ描きだしたボードの画像を送りますので、その内容で始めてくださっても構いません。

 

 

 

将来的には「れー夢式パステルアート教室(名称は自由です)」として

いらした方が描きたいもの、好きなものを描いて楽しめるレッスンになったらなと思います。

そのためにはミラージュや満天の星、神聖幾何学模様アートも一定の条件をクリアした方は、この定期レッスンで習うことができるとしていきたいと思っています。

 

定期レッスンの場合は、もしかしたら従来の「伝授」から離れてしまうかもしれません。

 

ただ私としては、習う方の目線で楽しいレッスンができたらいいなと思います。

 

 

ご意見や提案などありましたらお気軽にメールやメッセージでご連絡ください。

 

 

 

 

お読み下さりありがとうございました(^^)