News

2019-06-23 06:10:00

追記【重要】神聖幾何学模様アート変更について(案)-随時追加変更あり

7月をめどに内容の変更を検討しています。

価格も上がりますので7月中にお申込み・ご入金をお勧めいたします。
7月中にお手続き完了の場合はご受講が秋以降に入っても現ティーチャーと同じ待遇となります。

神聖幾何学模様アートご受講をご検討の皆様、ぜひご検討よろしくお願いいたします。

 

 

応用までは内容は従来通りといたします(資料を直します)

入門 フラワー・オブ・ライフを描いてみよう 5000円

基礎 フルーツ・オブ・ライフ 15000円→8月より18000円

応用 ゴールデンスパイラル 10000円→8月より12000円

ヴェシカパイシス 10000円→8月より12000円

マカバ 10000円→8月より12000円

プラトン立体 20000円(認定料5000円)→8月より28000円(認定料10000円)

 

8月以降変更

発展(ティーチャーコース)とします。

追加項目はピンクの文字となります。仮の課題です。追加もあるかもしれません。
みどりはすでに有料講座といているため公平を期すために無償提供はできません。ご了承ください。
右に記載している補足は現ティーチャー様への内容となります。

【パステルアート実習】

・ツリー・オブ・ライフ 内容の変更はありません(追加資料あり)

・ラビリンス ティーチャー様のみ旧価格でのご受講可10000円

・ホルスの目 ティーチャー様のみ旧価格でのご受講可10000円

・フラクタル ティーチャー様専用ページにて資料等公開(ご自身で描いた後に画像を見せてください)

・トーラス ティーチャー様専用ページにて資料等公開(ご自身で描いた後に画像を見せてください)

・DNA ティーチャー様専用ページにて資料等公開(ご自身で描いた後に画像を見せてください)

 

 

【立体制作実習】
発展の必修課題にするのではなく任意課題とします。
ただ、一度立体を作ると絵にするときにイメージがしやすいかと思います。

・マカバ 専用ページにて資料等公開

・プラトン立体 専用ページにて資料等公開

・ツリー・オブ・ライフ 専用ページにて資料等公開

・他多面体 専用ページにて資料等公開

 

 

講座開催について

・曼荼羅アート発展まで終わっている認定インストラクターの皆様

※基礎修了後

入門・基礎の講座開講可(変更なし)

15㎝やぬりえ、立体などの体験型ワークショップ開催可

※発展修了後

同じ内容での講座開催可。追加内容は作品を画像で提出後開催可となります。

応用修了だけでは応用講座の開催はできません。

 

・入門から始められた皆様はティーチャー取得後、

同じ内容での講座開催可とします。

 

 

体験型ワークショップについて

従来までの15cm角のフラワー・オブ・ライフのほかの神聖幾何学も可とします。
ゴールデンスパイラルなどワークショップ用型紙等は提供いたします。

神聖幾何学模様の塗り絵ワークショップ(塗り絵データー提供・印刷に限り有料)

立体ワークショップ→こちらは一般的に出回っている内容ですので自由に開催しても大丈夫です。

 

 

ティーチャー取得のハードルが高くなります。

神聖幾何学模様は繋がっています。私としては一つの模様だけを知っているのではなく、
ある程度のことを知っていて(あやふやでもいいです)初めてその一つの模様がお伝えできると感じています。

最初は、ただ楽しく描くだけでいいと思って作りましたが、
お伝えする立場の場合はそのある程度のことを少しでも知っていてほしいという気持ちに変わってきました。

いきなり方向転換となるのは皆様も困惑することと思います。
そのため、現ティーチャー様にはこれらの内容を無料または安価でお伝えしていきます。
(すでに講座として教えている絵に関しては旧価格です)

 

【追記】

価格についての問い合わせがありました。
・7月中お申込みご入金→上記説明の通り
・7月中お申込み、7、8月分割ご入金→7月は上記通り、8月以降は変更価格にて
・7月中お申込み、お支払いはその都度→7月ご受講分は上記通り、8月以降は変更価格にて

支払方法
・ゆうちょ銀行
・ジャパンネット銀行
・ペイパル(クレジット決算できます)
※ただし手数料4%プラスとなります。
・Base(クレジット、コンビニなど)
※決算手数料割り増しで窓口をご用意します
※ペイパルの方が割安です。

ティーチャー認定について
・7月中お申込みお手続き完了の方は修了が秋以降でも上記条件で認定
・それ以外の皆様は申し訳ございませんは新カリキュラムでの認定となります。

ティーチャー様に習っている皆様の対応について
1、ティーチャー取得希望の旨を先生にお伝えください。
2、先生はその方が認定の時に申告してください。
3、認定後、新カリキュラム前のティーチャー様たちと同じ内容でフォローいたします。
※7月中にお申込みいただいた生徒様への対応でお願いします。