パステルギャラリー

私と曼荼羅アート(コラム)

Screenshot_20220505-081121.png

17、曼荼羅アートの効果と自分軸

曼荼羅アートを描き続けて私自身感じたこと

皆様から教えていただいた事などをお伝えしますね。

○自分をしっかり持てるようになった。

○あまり腹が立たなくなった。

○今まで依存していたものが必要なくなった。

 

他にも、絵が描けるようになって嬉しい、自信に繋がった。一人になれる時間が凄く嬉しくて癒される等々

 

曼荼羅アートは中心から模様を広げていきます。

 

れー夢の描き方は外側の模様も「中心」を意識して型を置いて描きます。

 

中心を意識する

 

これが大切な事だと思います。

 

中心を意識することで、気がつかないうちに「自分軸」が整う訳です。

 

自分軸が整う=自分をしっかり持てるようになる。そうなることで、自分と他者を切り離せることができ、ちょっとした事で腹が立たなくなる訳です。

自分の基準に人を当てはめるから腹が立つんだと思います。

 

タバコやギャンブル等の依存がなくなった。つまりそれらに依存することで自己を保っていたわけで、自分軸が整ったことで必要が無くなったと私は考えます。

 

曼荼羅アートは中心の点から始まります。

 

この点はまだ未確定で仮のものです。この点を意識して形を広げます。形を描く、広がって始めて「中心」が確定します。

 

曼荼羅アートは模様が先で、中心は後です。

 

ドーナツの穴はドーナツがあって始めて認識出来るのと同じです。

 

曼荼羅アートは中心ありきではありません。まわりに形があることで、始めて「中心」が生まれます。

まわりを整えることで、中心がしっかり整う。回りが乱れたら、それを直せば中心は整います。

 

まずはまわりありき、、、

 

私が行き着いた曼荼羅アートの考え方です。

 

では、自分の軸がブレていると感じるのはいつですか?

 

その時、まわりとの関わり、まわりの物、、、なにかがあるはずです。自分一人では「あー私ブレている」ってあまり感じないと思います。そこには何かしらまわりの影響があるはずです。

 

まずはまわりありき。

 

そしてその関わりの中で軸は整うものだと曼荼羅アートは教えてくれています。

 

※今まで述べていた「中心」は、仮の中心の場合も含んでいます。

※真ん中に曼荼羅を描く場合、仮の中心=画用紙の中心です

18、スピリチュアルについて

18、スピリチュアルについて

スピリチュアルについては、私個人の見解でもあります。賛同する方、反対の方もいらっしゃるかと思います。

 

スピリチュアルは大好きですよ(^^)

 

ただ、それに傾倒・妄信するのはよろしくないと思います。

 

スピリチュアルは自然・超自然だと思うんです。

まず、地に足をつく、自分自身をしっかり作ることそれが大事です。

 

すべては「今ここに、自分ありき」それが大事です。

 

自分自身で感じて、それを発信するだけでしたら自由なのですが、それを他人に強要する。上から目線で話し始める。

 

間違えたクリアリングのしすぎですかね?

自分に都合のいい思考を俗にいう「降りてきた」と称している。

自分の意志に反することが起きると掌を返したように攻撃しだす方もいます。

 

「前世で貴方と会っていた」などと称し初対面の方に話しかける、しつこくメールを送る。

相手が求めていないのに、自分の価値観でスピリチュアルを進める。

これらはスピリチュアルハラスメント(スピハラ)と言います。

 

自己顕示欲の固まりような、私は凄いでしょうと言いたげな方等は承認欲求が強すぎるんですよね。

 

本物は日常の中にスピリチュアルがあるから【特別な事】なんて思っていない。

たとえ思っていたとしても、自然体でいるから人に嫌な思いはさせないと思います。

 

実際に凄いスピリチュアルな方とSNSで繋がっていますが、彼女達の発言は楽しいし、嫌だな何て思いませんよ("⌒∇⌒")

 

長く同じことをしていると、まれにトラブルが起きます。

 

なぜかわかりませんが、私や、他の先生がお伝えしていることに対して、ご自分の価値観で曲がって解釈したり、都合の良いように解釈されるんですね。

 

そういうトラブルを起こした方の多くは、blogなど拝見する限りでは、(自称)エネルギー創始者だったり、某ヒーリングのヒーラーであることが多いです。

 

このようなことがあり、私自身は皆様にお伝えするときは、実際に目に見える事、実際に目に見えて起こった事をお話するようにしています。

 

、、、時々脱線はしますけれどね(笑)

 

 

1 2 3 4 5 6
Today's Schedule